【匠の技】叩き出し

富田林ボディショップの「匠の技」を動画で紹介

創業以来30年以上にわたり、培ってきた板金・塗装の「プロの技」です。どうかご覧ください。

 

叩き出し

へこみキズを叩いて戻します。板金作業としては基本的なものですが、もちろん単純に叩くだけではダメです。
どこを、どのくらいの力で、どこまで叩けばいいのか、職人の技術が問われます。


 
✨ポイント✨
1.へこみキズの裏側に手が届く場合に行います。
2.「当て板」をへこんだ裏側に当てます。
3.表からは、へこみキズの「周辺」を叩いていきます。これはへこむことによって、その周囲が盛り上がるからです。
 専門用語で「腰が折れてる」といいます。
4.周囲を叩くことにより、中央のへこんだ部分が上がってきます。
 
※1~4は標準的な作業ポイントです。


 

次は ➡引っ張り出し(スタッド溶接) をご紹介します!

 

匠の技トップページへ ≫