【匠の技】塗装

富田林ボディショップの「匠の技」を動画で紹介

創業以来30年以上にわたり、培ってきた板金・塗装の「プロの技」です。どうかご覧ください。

 

塗装

調色で同じ色が出来たら、いよいよ本番の塗装に入ります。塗装しない部分はマスキングして塗料がつかないようにしておきます。


 
✨ポイント✨
1.色ムラが出来ないよう注意し、スプレーガンと塗装面の距離は約15~20cmで、塗っていきます。
2.一気に塗らずに5~6回に分けて、全面を塗っていきます。
3.仕上げとして、全体のムラを取るために「ふわっと」いう感じで1度塗ります。
4.最後に「クリア」を塗ります。これも3回ほどに分けて重ね塗りします。
5.「クリア」は板金修理した箇所としていない箇所の境目が目立たないように、グラデーションをかけるように塗ります。
6.乾燥時間は、季節(気温・湿度)や面積にもよりますが、塗装ブースで焼き付けしたならば、約30分で乾燥します。
 
※1~6は標準的な作業ポイントです。


 

次は ➡仕上げ磨き をご紹介します!

 

匠の技トップページへ ≫